「売り上げ成長率が高い」500社ランキング

1位のDeNAは10年で49倍!

過去10年でディー・エヌ・エーの売り上げ成長率はダントツ(写真は守安功社長、撮影:梅谷 秀司)

企業の成長を語るとき、最もわかりやすい数字が売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた収益である。業種・業態によって稼ぎ方はさまざまながら、売り上げがなければ利益も生まれず、事業継続あるいは拡大のための原資を確保できない。従業員をいくら増やそうが資本を増強しようが売り上げが伸びなければ、企業は成長しているといえない。

そんな売り上げを急成長させている企業はどこか。東洋経済オンラインは売り上げの増加額に着目して「10年で躍進!売上高が急増したトップ500社」を9月9日に配信したが、今度は売上高増加率(成長率)の大きさでランキングを作成した。

カカクコム、楽天、ソフトバンクも上位に

『会社四季報』(2015年秋号発売中)には上場企業約3600社の詳細な財務・業績データだけでなく平均年収や平均年齢、仕入・販売先、メインバンクなど就活や仕事に使える情報も満載。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプしま

約3600社の上場企業の財務情報をすべて網羅している『会社四季報』(2015年秋号発売中)で集計しているデータを活用して、直近本決算と10年前を比較。この10年で100億円以上の売り上げを増やした企業に絞り、売上高増加率の大きい順に上位500社を並べた(原則として連結ベース、単体決算企業は単体の数字)。直近決算の売上高と、10年前比の売上高増加額も併載した。

1位はディー・エヌ・エー(DeNA)。携帯電話・スマホゲームを武器に急成長を遂げたIT企業で、傘下にはプロ野球・横浜DeNAベイスターズを持つことでも有名だ。直近決算の売上高1424億円に対する10年前比の売上高増加率は4862%。つまり約49倍もの成長を遂げた計算となる。ただ、DeNAは2年前の2013年3月期に記録した売上高2024億円がピーク。ここ2年は成長が止まっているものの、圧倒的に飛躍した企業だ。

そのほか有名企業で上位にランクインしたのは、6位カカクコム(10年前比売上高増加率1573%)、8位楽天(同1213%)、9位ソフトバンクグループ(同935%)などだ。

本ランキングの上位で目立つのはITや金融、サービス系の企業。メーカーの姿もチラホラとあるものの、会社全体を牽引するような画期的なヒット商品が生まれないと、売り上げの点で目立った急成長を果たすのは難しいということかもしれない。

次ページまずはトップ50社!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT