ピューロランドの「ちゃんりお」とは何なのか

サンリオ初の取り組みが異例の大ヒットに

ちゃんりおメーカーで作ったキャラクターは、ピューロランドでパレードさせることができる

サンリオが運営するテーマパーク「サンリオピューロランド」(東京・多摩市)の客入りが好調だ。7月には13万人が入場。これは前年同月の7万6000人から7割増で、単月では過去最高の入場客数だ。

1990年にオープンしたピューロランドは近年、客足が伸び悩み、2008年3月期からは営業赤字が続いてきた。長年にわたる不振から、いよいよ脱却できるか。その命運を左右しそうなのが「ちゃんりおメーカー」という新サービスだ。

ちゃんりおメーカーは、顔の輪郭や髪型、目・鼻・口、さらに洋服にアクセサリーなどを組み合わせ、自分に似せたキャラクター「ちゃんりお」を作れるサイト。作成したちゃんりおは、LINEやツイッターなどSNSのアバターとして使用できる。無料で作成できる手軽さも受け、7月10日の公開からすぐに人気に火が付いた。

AKB48の高橋みなみさんが、ちゃんりおメーカーでメンバーのキャラクターを作ったことも話題となり、公開から1週間で利用者が350万人、3週間足らずで1000万人突破と一気に広がった。9月現在では、延べ1700万人以上がちゃんりおメーカーを活用している。

テレビCMの代わりの販促ツール

パーツを組み合わせてキャラクターを作るサービスは、サンリオでは初めての試み。発案したのは、サンリオでキャラクターを作成する専門部署ではない。テーマパークを運営する子会社サンリオピューロランドだ。

ピューロランドでは、休日を利用した客が増える夏場に向け、毎年、テレビCMを放映してきた。だが、近年は集客効果が十分発揮できていない点が課題となっていた。CMをやめ、代わりに別の販促をと、行き着いたのがちゃんりおメーカーだった。サンリオ風のキャラクターを作ってもらい、そのキャラクターをピューロランド内で活用する設備を設け、集客する販促策だ。

次ページちゃんりおがヒットした理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT