ピューロランドの「ちゃんりお」とは何なのか

サンリオ初の取り組みが異例の大ヒットに

消費増税もあり、昨年から今年にかけ、テーマパーク業界ではチケット料金の値上げが相次いだ。東京ディズニーリゾートでは昨年、増税に伴い200円値上げ(18歳以上のワンデーパスポート)、今年4月にも500円引き上げ6900円に(同券種)。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも、増税で190円(12歳以上の1ディ・スタジオ・パス)、今年1月に220円値上げし7200円になっている(同券種)。

その中でピューロランドは昨年4月、異例の値下げを断行した。平日の1日パスポート料金を4400円から3300円と25%、休日も約15%下げ、低価格化で集客を図る起死回生の戦略に打って出た。

加えて、サンリオキャラクター以外も可能なコスプレイベント「こすぷれふぇすた」など、従来にはなかったイベントを開催。さらに、X JAPANのYOSHIKIのファンミーティングや韓流アイドルのイベントなど、大人の女性客が見込めるイベントもスタートした。

ピューロランドの従来の客層は、小学生以下の女児とその家族が中心。これらのイベントで、子供のころにサンリオキャラクターになじみのあった大人の女性を狙った。値下げに加え、こうしたイベントが奏功し、今年度に入ってから、客数は毎月2ケタ増ペースで回復してきた。

ちゃんりおで新たな客層の開拓に成功

画像を拡大
ちゃんりおメーカーのサイト

そして、客数がじわじわ戻る中で迎えた7月、過去最高の入場者数を決定づけたのが、同月開始した、ちゃんりおメーカーだった。

ちゃんりおメーカーでは、作成したキャラクターのQRコードが入手できる。それをピューロランド内の専用端末にかざすと、作成したちゃんりおが、ハローキティやマイメロディなどおなじみのキャラクターと大型スクリーン上で共演、一緒にパレードすることができる。

また、ちゃんりおが印刷されたカードを500円で発行し、施設内の飲食・物販で優待価格を受けられるサービスも提供している。カードは記念品としても人気が高いという。さらに、8月には自作キャラクターがデザインされたクリアファイル(300円)を販売するなど、商品化もスタートしている。

ちゃんりおメーカーの利用者は、半数以上が中高生以上の女性。もともとの強みである女児に比べて年齢の高い世代が中心で、新たな客層の獲得に貢献している。

次ページちゃんりおはどう進化していくのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT