ローマ人に学ぶ 本村凌二著

ローマ人に学ぶ 本村凌二著

ローマ建国は紀元前753年。やがて地中海全域を掌中に収め、2世紀前半には、東はアラビア半島から西はポルトガルまで、南はサハラ砂漠から北はスコットランドに至る広大な帝国を築き上げる。当時、人類の3分の1はローマ帝国の領土に生きていた。

476年の西ローマ帝国の滅亡まで、1200年以上の長きにわたる巨大な帝国を築いたローマ人の物語は、興味を引き付けてやまない。そこには「人間の賢さも愚かさも、尊さも卑しさも、高貴さも下劣さも、正義も不正も、善行も悪行も、喜びも悲しさも、美も醜さも、幸も不幸も、それらの色とりどりの玉石が汲めども尽きない泉のようにあふれている」と、その魅力の数々を収録する。

集英社新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • ワインの常識10
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。