コンバースは、なぜ音楽スタジオを運営するのか

アーティスト支援というマーケティング戦略

コンバース・ラバー・トラックス・ブルックリンの内観

同社が経営基盤を安定させた2011年に運用開始したのがラバー・トラックスだ。若きアーティストのキャリアに寄与するという目的で、ブルックリンでレコーディングスタジオをオープンした。ルイス氏によると、コンバースは無名のアーティストや音楽業界の未来に投資することこそ、自社の未来につながると信じているという。

最近では、同社の新しい本社があるボストンやブラジルにもレコーディングスタジオをオープン。その他には移動式のレコーディングスタジオを25の都市に展開しており、現在はテキサス州オースティンやオランダのアムステルダムなど、世界中でアーティストのレコーディングの支援をしている。いままでに1400のバンドがこれらのスタジオを利用し、レコーディングの総時間数は、実に1万1200時間にもなる。

「ブランドとミュージシャンが手を組むのは、マーケティング戦略としてはよくあることだ」と話すのは、バークリー音楽院の音楽ビジネスマネジメント部、ステファニー・ケラー教授。楽曲の権利がアーティストたちにあることについて「売り出し中のアーティストにレコーディングさせ、曲のオーナーシップをそのまま保持させているコンバースの方向性には興味深いものがある」とコメントした。

そんなコンバースのスタジオを利用するのは簡単だ。ミュージシャンはまずオンライン上で各地のスタジオに申し込む。そして、申し込みが受け入れられた場合、それから1カ月前後でレコーディングを行うことができる。ちなみに、通常ならレコーディングをするのに数千ドルはかかる。

ミュージシャン支援から得られるもの

コンバース・ラバー・トラックス・ブルックリンのメインスタジオ

ラバー・トラックス・ブルックリンのアシスタントマネジャーを務めるベン・ジュリアサッド氏は、スタジオを提供するに価するバンドをつねに探しているという。また、同氏のチームは、レコーディングをするバンドの広報も兼務。バンドのSNS運用を代行し、それぞれのフォロワーをラバー・トラックスのアカウントに誘導したりもする。

バンドは、録音した楽曲の権利はすべてアーティストに帰属するという契約を、わずかな付随条件とともにコンバースと結ぶ。コンバースがスタジオ録音した楽曲を使用したい場合は、バンドの承認を得ればソーシャルメディアや自社のオンラインストリーミングサイトの「サウンドクラウド」でシェアできるという。この「サウンドクラウド」には現在、1万1000人の会員がいる。また、コンバースはラバー・トラックスで録音した楽曲を、アーティストの許諾を条件に、デジタルコンテンツとしても使用できる。

次ページ音楽が消費者との関係をつなぐ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT