知らないと怖い糖尿病の話 宮本正章著

知らないと怖い糖尿病の話 宮本正章著

糖尿病は、健康診断で疑われても自覚症状がないために放置され、気づいたときは重症となっていたというケースが多いという。

しかし、一度糖尿病にかかってしまうと一生治らず、それどころか心疾患や脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症、失明のリスクなども高まってしまう。そんな糖尿病の実態とその治療法などを解説。糖尿病の「怖さ」を再生医療の専門医が説いている。

なぜ、再生医療の専門医が糖尿病の解説をするのか。著者は、衝撃波で詰まった血管を開通させたり、またハエの幼虫に潰瘍や壊疽した患部を食べさせたりして、新たな治療法に取り組んでいるからだ。そうした驚きの再生医療法なども紹介されている。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT