知らないと怖い糖尿病の話 宮本正章著

知らないと怖い糖尿病の話 宮本正章著

糖尿病は、健康診断で疑われても自覚症状がないために放置され、気づいたときは重症となっていたというケースが多いという。

しかし、一度糖尿病にかかってしまうと一生治らず、それどころか心疾患や脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症、失明のリスクなども高まってしまう。そんな糖尿病の実態とその治療法などを解説。糖尿病の「怖さ」を再生医療の専門医が説いている。

なぜ、再生医療の専門医が糖尿病の解説をするのか。著者は、衝撃波で詰まった血管を開通させたり、またハエの幼虫に潰瘍や壊疽した患部を食べさせたりして、新たな治療法に取り組んでいるからだ。そうした驚きの再生医療法なども紹介されている。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。