「通貨」から世界経済を読み解く方法 水野隆徳著

「通貨」から世界経済を読み解く方法 水野隆徳著

ギリシャの財政危機を発端に欧州経済が大揺れとなり、日本も1ドル=75円の壁に迫る超円高という世界的な「通貨戦争」に引き入れられている。実態は通貨価値を相対的に安くして国際競争力を優位にしようという「通貨切り下げ戦争」だ。

世界経済を動かす「通貨」の正体とはいったい何なのか。「通貨戦争」の行き着く先はどうなるのか。ビジネスパーソンが知らないでは済まされない通貨や為替について、国際エコノミストの著者が基本の基本から未来予測までわかりやすく解説する。

円高・ドル安の次には何が起こるのか。過去40年の円高局面ははたして終わるのか。日本経済の未来とともに大胆に予測する。

KAWADE夢新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT