効率と公平を問う 小塩隆士著

効率と公平を問う 小塩隆士著

経済にとって重要な判断基準である効率性と公平性、なぜ両方を無理なく追求できないのか。人々の行動が政策や制度の変更によって影響を受けるからだ。

現在、議論されている消費税率の引き上げで逆進性が問題になっている。食料品など生活必需品は低い税率にして、ぜいたく品は高い税率でいいと、公平性の観点からはそうなりそうだが、税収確保という効率性では、むしろ値上げされても購入をすぐには減らせない食料品のほうが手っ取り早い「増収策」になる。

このインセンティブを考えると、経済活動に対する政府の関与はできるだけ限定的にする「小さな政府」の発想が支持される。だが、効率性の観点をきちんと踏まえた「まともな大きな政府」ならば、こちらのほうがいいとの考え方もある。

少子高齢化時代に効率性と公平性のどちらをどの分野で重視すべきか、教育問題を含め、本書は経済学の視点から大いに示唆を与えてくれる。

日本評論社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。