効率と公平を問う 小塩隆士著

効率と公平を問う 小塩隆士著

経済にとって重要な判断基準である効率性と公平性、なぜ両方を無理なく追求できないのか。人々の行動が政策や制度の変更によって影響を受けるからだ。

現在、議論されている消費税率の引き上げで逆進性が問題になっている。食料品など生活必需品は低い税率にして、ぜいたく品は高い税率でいいと、公平性の観点からはそうなりそうだが、税収確保という効率性では、むしろ値上げされても購入をすぐには減らせない食料品のほうが手っ取り早い「増収策」になる。

このインセンティブを考えると、経済活動に対する政府の関与はできるだけ限定的にする「小さな政府」の発想が支持される。だが、効率性の観点をきちんと踏まえた「まともな大きな政府」ならば、こちらのほうがいいとの考え方もある。

少子高齢化時代に効率性と公平性のどちらをどの分野で重視すべきか、教育問題を含め、本書は経済学の視点から大いに示唆を与えてくれる。

日本評論社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT