中国の宝石店で「現金つかみ取り大会」

優勝者は獲得分を持ち帰り

 9月23日、中国南京市の宝石店がキャンペーンイベントとして「現金つかみ取り大会」を行い、参加者らが競い合った(2015年 ロイター)

[南京 25日 ロイター] - 中国の南京市で23日、「現金つかみ取り大会」が行われた。透明のドームの中で舞い上がる100元(約1880円)札をどれだけ多くつかめるかを競う大会で、地元の宝石店がキャンペーンイベントとして行った。

制限時間は20秒間。地元紙によると、一番多くつかんだ優勝者には獲得したお札が賞金として与えられたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。