中国の宝石店で「現金つかみ取り大会」

優勝者は獲得分を持ち帰り

 9月23日、中国南京市の宝石店がキャンペーンイベントとして「現金つかみ取り大会」を行い、参加者らが競い合った(2015年 ロイター)

[南京 25日 ロイター] - 中国の南京市で23日、「現金つかみ取り大会」が行われた。透明のドームの中で舞い上がる100元(約1880円)札をどれだけ多くつかめるかを競う大会で、地元の宝石店がキャンペーンイベントとして行った。

制限時間は20秒間。地元紙によると、一番多くつかんだ優勝者には獲得したお札が賞金として与えられたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT