大型バス「値上げ」で噴出した、予想外の悲鳴

過剰な価格競争には歯止めがかかるものの…

観光地もツアー行程から外される例が出ており、思わぬ余波に戸惑いを隠せない。

吉野ケ里歴史公園では小中学校や高校の修学旅行が減少傾向にある。観光客対応の担当者は「少子化や学校の統廃合など複合的な要因で団体客が減っている。貸し切りバスの運賃改定の影響も原因の一つ」とみる。

県外も同様で、多くの修学旅行生や観光客で賑わう大分県の水族館うみたまごは「全体の入場者数は変わらないが、貸し切りバスの団体客は減っている。旅は安全が第一だが、運賃値上げは観光地には痛い」と漏らす。

世界遺産登録でも、ツアー申し込みは減少

秋の大型連休に、県内の旅行会社の表情も渋い。佐賀市の旅行代理店支店長は「修学旅行や部活などの学校関係だけでなく、日帰りツアーや会社の社員旅行などに影響が出ている」と危機感を見せる。

県外旅行者向けで佐賀市の三重津海軍所跡と佐賀城本丸歴史館を巡る日帰りツアーは昨年と比べ旅行代が3~4割アップした。7月の世界遺産登録で弾みをつけたいところだったが、「昨年よりも申し込みが減少傾向にある」とこぼす。業者の一人は「国が値上がりした運賃を補助する方策などを打ち出してくれなければ、中小・零細の旅行会社は持ちこたえられない」と悲鳴を上げる。

県内の貸し切りバス業者は際限ない価格競争に歯止めがかかったことに安堵している。県内業者の観光課営業主任は「修学旅行など大切なイベントに影響が出るのは申し訳なく思うが、安全を保つにはコストがかかることも理解してほしい」と話す。

■運賃制度改正
国交省は2012年4月に群馬県の関越自動車道で発生した高速ツアーバス事故を機に、長距離や長時間にわたる運転手の労働環境を見直す安全対策の一環で2014年4月に運賃制度を改正した。過度な価格競争を防ぐため、値下げ範囲を制限し、罰則も強化した。バスの出庫前後1時間も走行時間とみなし、運賃に跳ね返っている。

 

佐賀新聞LIVEの関連記事
ようかん「呼子のいか」2位 47CLUBの、こんなのあるんだ!九州大賞
有田焼万年筆に新作 8種の絵柄、仕様96通り
女性社長の比率9.7% 佐賀、全国4位 九州・沖縄企業の割合高く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT