超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著

超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著

2010年に日本の65歳以上の高齢者人口は2958万人に達した。これはカナダの総人口3411万人にも匹敵する。日本国民の高齢化は、著しい少子化に伴って、今後は高齢化した社会としてさらに深化し、30年には高齢化率が30%を超える「超高齢社会」になると推定される。

20年以上にわたり老年医学の研究に携わり、現国立長寿医療研究センター研究所長を務める著者が、長年の研究成果から高齢者の寿命と健康水準の変化、病気予防と介護予防といった長寿社会の諸問題について科学的に検証。高齢者の保健・医療・福祉の現状を概観し、科学的根拠に基づく高齢者の健康施策を基盤とした、持続可能な高齢社会のあり方について提言する。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT