超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著

超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著

2010年に日本の65歳以上の高齢者人口は2958万人に達した。これはカナダの総人口3411万人にも匹敵する。日本国民の高齢化は、著しい少子化に伴って、今後は高齢化した社会としてさらに深化し、30年には高齢化率が30%を超える「超高齢社会」になると推定される。

20年以上にわたり老年医学の研究に携わり、現国立長寿医療研究センター研究所長を務める著者が、長年の研究成果から高齢者の寿命と健康水準の変化、病気予防と介護予防といった長寿社会の諸問題について科学的に検証。高齢者の保健・医療・福祉の現状を概観し、科学的根拠に基づく高齢者の健康施策を基盤とした、持続可能な高齢社会のあり方について提言する。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。