超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著

超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著

2010年に日本の65歳以上の高齢者人口は2958万人に達した。これはカナダの総人口3411万人にも匹敵する。日本国民の高齢化は、著しい少子化に伴って、今後は高齢化した社会としてさらに深化し、30年には高齢化率が30%を超える「超高齢社会」になると推定される。

20年以上にわたり老年医学の研究に携わり、現国立長寿医療研究センター研究所長を務める著者が、長年の研究成果から高齢者の寿命と健康水準の変化、病気予防と介護予防といった長寿社会の諸問題について科学的に検証。高齢者の保健・医療・福祉の現状を概観し、科学的根拠に基づく高齢者の健康施策を基盤とした、持続可能な高齢社会のあり方について提言する。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT