10月1日に内定式をできない企業が続出する

秋採用における人事部の苦戦必至

昔は指定校制があって、企業は指定校以外から採用しなかった。しかし、最近では指定校制を取っていると、「学歴差別」などと非難されかねない。そこで、明確な指定校制を敷いている企業はないのだが、ターゲットとする大学を定めている企業は多い。大手企業の56%、中堅企業の52%がターゲット大学を設定しているし、従業員数300人以下の中小企業でも41%が設定している。

ターゲット大学として人気があるのは、GMARCH関関同立クラス(学習院、明治、青山、立教、中央、法政、関学、関大、同志社、立命館)。HR総研は、今後、このクラスの採用難度が高まっていくと予想する。

どうなる2017年新卒採用

2017年新卒(現3年生)採用では、企業と大学・学生の接触がより多くなるのと同時に、早期化が進むだろう。

「2017年新卒採用でより重要になると思う施策は何か」との企業への質問に対して、最も回答が多かったのは「学内企業セミナー」、第2位が「自社セミナー・説明会」、第3位が「キャリアセンターとの関係強化」だった。

また、企業規模に関係なく、インターンシップを行う企業が増加する。2016年新卒採用ではインターンシップ実施企業は46%だったが、HR総研は2017新卒採用で大手企業の7割以上が実施すると予想している。実施時期は12~2月が多い。

面接開始時期のピークは3~5月。経団連のルールに縛られるはずの大手企業でさえ、8月まで待ちきれずに3月からスタートすると答えた企業が多い。

調査結果から、2017年卒の採用スケジュールは以下のようになるのではないか。

企業の採用担当者は夏休み明けからターゲット大学のキャリアセンターを訪問し関係を強化、その後学内セミナーを開催し、インターンシップへ学生を誘導する。そして2月までのインターンシップで母集団を形成したら、3月から面接を開始して早ければ4月から内定を出す。調査によれば、8月以降に内定出しを開始すると答えたのは、大手企業の22%に過ぎない。2016年新卒採用で苦戦した大手企業が、採用活動を早めるとみて間違いないようだ。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。