(第33回)日本製造業が固執する現場信仰は正しいか?

印刷
A
A

しかし、フィードバックには、正も負もある。上で述べたのは、負のフィードバックだ。ITのように進歩が速い分野では、生産現場の声は足かせになる危険が高い。古いビジネスモデルから脱却できなくなるのである。過去のビジネスが成功したものである場合は、特にそうだ。

ソニーの失敗は、工場をEMSに売却したため、開発と生産現場のインタラクションで生産技術を磨きあげる機会を失ったことだと言われる。そうだろうか? フィードバックで実現できるのは「改善」であって、まったく新しいコンセプトの製品ではない。事実、アップルの新製品は、現場からのフィードバックで生まれたものではない。

「フィードバックが必要」とか、「現場力こそ強さの源泉」とかいうのは、生産工程を擁護するための後付けの理屈である場合が多い。それは、「はじめに現場ありき」という現場信仰の表れなのだ。

まだ残っている日本メーカーのブランド力

アメリカにおける液晶テレビの市場シェアは、図のとおりだ。たった1年の間に、パナソニック以外の日本メーカーは、軒並みシェアを落とした。ソニーのシェアは、いまやVIZIOの3分の1程度だ。アメリカで、テレビと言えばソニーだった時代は、遥か昔になってしまった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT