ゲームばかりする子に親が見せるべき「本気」

学業への悪影響は調査でも証明されている

保護者:うちの子は毎日、ゲームばかりして、全然、勉強していないんです
私:そうですか。具体的にはどれぐらいゲームをしているのでしょうか
保護者:平日は、2~3時間はしていると思います。夜もたぶんしているのではないでしょうか
私:そういうときどのように子どもに話されるのでしょう?
保護者:ゲームをやめて宿題をやりなさい!と言っていますが、一向にやりません
私:そうですね。そのように言われて、「はい。わかりました。ゲームをやめて今から勉強します!」という子はいませんから、効果はないですよね。それよりも効果的な方法があります
保護者:どういう方法でしょうか?
私:まずはゲームをすることが悪いのではなく、けじめがないことが悪いと言い聞かせてみてください。そして、1日1時間とか30分とか、ゲームをする時間を決めるのです。もし決めた時間を守れなければ、ゲームのコードをはさみで切ってください(コードがなければ、ゲーム機を破棄する)。約束が守れない人には自由はないということを、本気で伝え、決めたとおりに実行することなのです
保護者:え! 廃棄するなんて、もったいなくありませんか
私:もったいないというのであれば、今のまま継続する以外ないでしょう。あとは、親が本気になるかどうかです

 

実はこの話には、後日談があります。

コードを切るというのは、極端な話かもしれません。もっと軽くしてゲームを取り上げるというレベルでもいいのですが、けじめをつけることの究極の意味でお話したところ、このお母さんは見事にコードを切り、ゲームを廃棄したのです。

親は「本気」を見せたほうがいい

けじめの話を聞かされた子どもは、初め、いつものただのお小言だと思い、「いくら何でもコードを切ることはしないだろう」と高をくくっていたため、約束した時間を守らなかったのです。そこでお母さんは本当にコードを切ってしまいました。そのお母さんの行動に、子どもはとても驚きましたが、お母さんが本気で言っているということが伝わり、それからはしっかりとけじめをつけるようになったのです。

コードを切るのは大胆な行動ですが、要するに勉強をしない人にゲームをやる資格がないということを、しっかりと行動で示すことが大切なのです。親御さんは、肝心な部分で子どもに負けてしまい、許してしまいがちです。ですが、1度決めた約束は必ず守るということを徹底させ、けじめをつけてみてください。

このようなけじめをつけることで、子どもは「約束は守らなければならないんだ」という意識が強くなり、勉強をするという約束も守るようになっていくのです。さらにいったん決めたことは必ず守り抜くという姿勢を親が示し、それを子どもに教えていくことは勉強のみならず、今後、子どもが人生を豊かに歩むための財産を与えたことにもなるでしょう。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT