ゲームばかりする子に親が見せるべき「本気」

学業への悪影響は調査でも証明されている

保護者:うちの子は毎日、ゲームばかりして、全然、勉強していないんです
私:そうですか。具体的にはどれぐらいゲームをしているのでしょうか
保護者:平日は、2~3時間はしていると思います。夜もたぶんしているのではないでしょうか
私:そういうときどのように子どもに話されるのでしょう?
保護者:ゲームをやめて宿題をやりなさい!と言っていますが、一向にやりません
私:そうですね。そのように言われて、「はい。わかりました。ゲームをやめて今から勉強します!」という子はいませんから、効果はないですよね。それよりも効果的な方法があります
保護者:どういう方法でしょうか?
私:まずはゲームをすることが悪いのではなく、けじめがないことが悪いと言い聞かせてみてください。そして、1日1時間とか30分とか、ゲームをする時間を決めるのです。もし決めた時間を守れなければ、ゲームのコードをはさみで切ってください(コードがなければ、ゲーム機を破棄する)。約束が守れない人には自由はないということを、本気で伝え、決めたとおりに実行することなのです
保護者:え! 廃棄するなんて、もったいなくありませんか
私:もったいないというのであれば、今のまま継続する以外ないでしょう。あとは、親が本気になるかどうかです

 

実はこの話には、後日談があります。

コードを切るというのは、極端な話かもしれません。もっと軽くしてゲームを取り上げるというレベルでもいいのですが、けじめをつけることの究極の意味でお話したところ、このお母さんは見事にコードを切り、ゲームを廃棄したのです。

親は「本気」を見せたほうがいい

けじめの話を聞かされた子どもは、初め、いつものただのお小言だと思い、「いくら何でもコードを切ることはしないだろう」と高をくくっていたため、約束した時間を守らなかったのです。そこでお母さんは本当にコードを切ってしまいました。そのお母さんの行動に、子どもはとても驚きましたが、お母さんが本気で言っているということが伝わり、それからはしっかりとけじめをつけるようになったのです。

コードを切るのは大胆な行動ですが、要するに勉強をしない人にゲームをやる資格がないということを、しっかりと行動で示すことが大切なのです。親御さんは、肝心な部分で子どもに負けてしまい、許してしまいがちです。ですが、1度決めた約束は必ず守るということを徹底させ、けじめをつけてみてください。

このようなけじめをつけることで、子どもは「約束は守らなければならないんだ」という意識が強くなり、勉強をするという約束も守るようになっていくのです。さらにいったん決めたことは必ず守り抜くという姿勢を親が示し、それを子どもに教えていくことは勉強のみならず、今後、子どもが人生を豊かに歩むための財産を与えたことにもなるでしょう。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。