知っておきたい物理の疑問55 物理の基本知識を問う「疑問中の疑問」 日本物理学会編

知っておきたい物理の疑問55 物理の基本知識を問う「疑問中の疑問」 日本物理学会編

鉛筆で紙に字が書けるのはなぜか、から疑問は始まる。

鉛筆の芯は炭素から成るグラファイトと粘土でできている。一方、紙は植物の繊維が絡まってできたもので、紙の上で鉛筆の芯を滑らせると摩擦によりグラファイトと粘土が削られ紙の繊維の間に引っ掛かる。この繊維のすき間に入り込んだグラファイトが字として見えるというわけだ。プラスチックや金属に鉛筆で字を書くのが難しいのは、表面に凹凸が少ないため芯の引っ掛かるものがないからだ。

素朴で身近な質問からまだ解明されていない宇宙の謎まで、高校生から寄せられた物理の疑問に日本を代表する物理学者が答える。結論に至る方法に重きを置いて解説した物理の基本知識の集大成。

講談社ブルーバックス 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。