あなたにも出来る!社労士合格体験記(第44回)--社労士試験では「飲食店」の例外を押さえよう

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第44回)--社労士試験では「飲食店」の例外を押さえよう

私は大学時代に、ビッグバンドジャズのクラブ、MMS(モダン・ミュージック・ソサエティ)に属し、アルトサックスを演奏していました。ところが、バンドは人数不足状態に悩み、バンドマスターとなった3年生の秋には部員が10人割れ。しかし、必死の勧誘が奏功したのか、翌年、新入生が多数加入して、なんとかメンバーがそろいます。

結局、4年生の秋からコンサートマスターとなり、1年留年して勉強も就職もそっちのけで、クラブ活動に打ち込むことに。集大成の1年間はミュージカル、食堂ボール(ダンスパーティ)、山野ビッグバンドコンテスト、定期コンサートと、派手なイベントをこなしました。全てに達成感があり、楽しかったのも事実ですが、作り上げていく過程では、山あり谷ありでした。

そのときバンドマスターとして支えてくれたのがトロンボーン担当の小野健一くんです。そんな苦楽をともにした仲間が、なんと40代後半にして脱サラで「おでん屋」を始めるというのです。

鶴さん、亀さん、エイトマ~ン♪

小野君は青森県八戸出身です。学生時代のコンパではいつも八戸小唄を歌ったので、私の脳裏には今でも、お囃子の「鶴さん、亀さん、鶴さん、亀さん、鶴さん、亀さん、鶴さん、亀さん」が、こびりついています。

カラオケもまだない時代でしたが、私も宴会となれば、「走れ、エイトマ~ン」と踊ったり、サザンよろしく「胸騒ぎの腰つき~」と飛び跳ねたり、酔いつぶれるまで歌い続けるほど、破天荒でおおらかな時代でした。

卒業後、彼は20代、30代と、外資系企業を次から次へと転職していきました。当時、転職とは無縁だった私は、その変わり身の早さに唖然。ただ、40代半ばにしてサラリーマン生活に疑問を感じ始めたようです。奇しくも、私も45歳で20年以上勤めた会社をやめ、自分探しの試行錯誤が始まります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。