高速道路標識、「不思議な文字」の悲しい運命

「公団ゴシック」は廃止されて標準の書体に

どの漢字も大きさがきれいにそろっている

まず画数が多い少ないに関わらず、どの漢字も同じ大きさに揃っています。そして潰れているように見えてしまう画数の多い漢字は、文字のパーツを省略され、点、線の数や位置も変更されていることがあります。

たとえば「三鷹」の「鷹」という字。このまま表示すると判別しにくくなるため、横線の数や形に大きな変更が見られます。「豊田」の「豊」の“豆”の部分は1本、線が省略されています。「宇都宮」の「都」は“ノ”の部分の上部が省かれています。「川越」の「越」はハネがなくなり、縦のラインが揃った印象です。

また、公団ゴシックは文字枠いっぱいに漢字を変形して入れるため、全体的に四角く、線が交わる箇所や曲がる箇所のでっぱりがなくなったフォルムをしています。文字の線がある位置も元の漢字と変わっている箇所が多くあるので、チェックしたいところです。

高速道路から消えつつある「公団ゴシック」

公団ゴシックは1963年から使われていて、独特なその形体からフォントファンの熱い視線を浴びていました。ですが、開発者が亡くなったあと書体の統一性が保てなかったこと、省略のしかたが独特なため誤字なのでは?という指摘があったなどの要因もあり、惜しまれつつ廃止となりました。

また廃止の理由のひとつに、並ぶ文字の横線の位置を揃っているように見せるというパターンが存在し、地名などによっては一度作った文字を使いまわせないという点も挙げられます。たとえば「東京」は「東」のなかの“日”の部分と、「京」のなかの“口”の部分の天地が揃っているように見せます。なので「第三京浜」に使われる「京」と、東京に使われる「京」は同じものにならないのです。

徐々にヒラギノの標識に取り換えられ、消えつつある公団ゴシック。その多くはまだ残っていますが、今後は目にする機会も減るので珍しいものになることでしょう。

フェイスブックナビの関連記事
なぜベンツやBMWの車名は、数字とアルファベットなのか?
レクサスは「ブランド料」を上乗せしているのだろうか?
なぜ起こる? 高速道路の逆走

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。