玩具の域超えた!「リニアライナー」開発秘話

時速600㎞をスケールスピードで達成

実物の超電導リニアが記録した時速600キロメートルを、スケールスピードで達成(撮影:梅谷秀司)

2027年の品川―名古屋間開業を目指して、工事が進むリニア中央新幹線。先日、山梨の実験線で達成した最高時速603キロメートルが、鉄道の世界最高速度としてギネス世界記録に認定されたのは記憶に新しい。そんなリニアが、実物よりも一足早く2015年9月には一般家庭で「開業」する。タカラトミーが発売するミニチュアのリニアモーターカー「リニアライナー」だ。

同社の本社で、サンプル製品の走行を見せてもらった。近未来的な雰囲気の透明なレールと、山梨リニア実験線の架道橋を模した赤い鉄橋やトンネル、そしてスピードメーターも誇らしげなコントロールステーションからなるレールレイアウトは、幅約193センチメートル、奥行き約85センチメートルの大きさ。リニア中央新幹線の「L0系」をモチーフにした4両編成の車両は、約25センチメートルの長さにかわいらしくデフォルメされているものの、側面と先頭部に入った青いラインはまさに、報道などで見る「あの」超電導リニアのイメージだ。

「浮いて走るリニアを」トップの情熱

リニアライナーの開発担当者である、同社新規事業部の井上拓哉さんが車両をセットし、コントロールステーションのメインスイッチを入れると「本日は、リニアライナーをご利用いただき、まことにありがとうございます」とのアナウンスが流れた。列車の発進・停止を操作するステーションのレバーを井上さんが操作すると、今度は「まもなく列車が発車します」の音声とメロディが流れ、車両はスルスルとレールの上を滑るように加速しはじめた。

コントロールステーションには速度センサーがあり、1周ごとに列車の速度を表示する。1周、2周、3周……とレールを周回するごとにスピードメーターの表示は上がっていき、やがて時速500キロメートルを突破。思わず「おおっ」と声をあげてしまう瞬間だ。リニアライナーは実物の90分の1のサイズのため、実際のスピードは時速約6キロメートル。90倍すると時速540キロメートルになる。

この日はさらに速度が上がり、先日、実物の超電導リニアが記録した時速600キロメートルを、スケールスピードで達成。鉄道模型の「走らせる楽しさ」と、科学実験のようなわくわく感が同時に楽しめる試験走行だった。

次ページ磁力浮上・磁力走行するのは世界初
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT