10年後、仕事で差がつく戦略思考 広瀬一郎著

10年後、仕事で差がつく戦略思考 広瀬一郎著

自己啓発本があふれ返る中、本書は社会人が知力と知性を身に付け、「知」において勝者となることを目的として書かれている。知識がいくら豊富でも知性と技術を伴わないかぎり知力たりえない。そうした観点から何を磨かねばならないかが平易かつ具体的に語られている。そこで最も重要な習慣は「本当かReally?」そして「なぜなのかWhy?」だとされる。5W1Hでいちばん大事なwhyが軽視されてきたのが日本劣化の主因とすれば、若い社会人がそこから立ち直ってくることは極めて重要で、本書の役割にもまた大きなものがあるといえるだろう。

「スキル」編では、仮説力と実行力をつけ正しい評価方法にのっとり成果のサイクルへ進むことが提起される。戦略的であるためには何が必要か。戦略定義、ルールとフレームの設定、シナリオとエンパシー(共感)の重要性など、著者がかかわったサッカーなどスポーツの実例が多々織り交ぜられて効果的である。(純)

東洋経済新報社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。