10年後、仕事で差がつく戦略思考 広瀬一郎著

10年後、仕事で差がつく戦略思考 広瀬一郎著

自己啓発本があふれ返る中、本書は社会人が知力と知性を身に付け、「知」において勝者となることを目的として書かれている。知識がいくら豊富でも知性と技術を伴わないかぎり知力たりえない。そうした観点から何を磨かねばならないかが平易かつ具体的に語られている。そこで最も重要な習慣は「本当かReally?」そして「なぜなのかWhy?」だとされる。5W1Hでいちばん大事なwhyが軽視されてきたのが日本劣化の主因とすれば、若い社会人がそこから立ち直ってくることは極めて重要で、本書の役割にもまた大きなものがあるといえるだろう。

「スキル」編では、仮説力と実行力をつけ正しい評価方法にのっとり成果のサイクルへ進むことが提起される。戦略的であるためには何が必要か。戦略定義、ルールとフレームの設定、シナリオとエンパシー(共感)の重要性など、著者がかかわったサッカーなどスポーツの実例が多々織り交ぜられて効果的である。(純)

東洋経済新報社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT