「笑点」で人気、春風亭昇太「人前で話す」技術

春風亭昇太師匠✕魚住りえ「トークライブ」1

プレゼンやスピーチのときは「一番前から」話しかけると語る昇太師匠

魚住:普通、いちばん聞いていなさそうな「後ろの人」に聞いてもらおうと思うわけですが、違うんですね。

昇太:そう。「一番後ろから」じゃなくて「一番前から」話しかけるようにするんです。

魚住:波みたいに後ろに「聞いてください」って空気が伝わっていくんですね。

昇太:ものすごく広い会場だと、最後まで「波」が到達しないで終わっちゃうんですけど(笑)。とりあえず、前の方に向けて話しかけていく。

スピーチは「セリフ」でなく「ストーリー」を覚える

魚住:次の質問です。

質問2(20代女性の女性)
「スピーチの内容を覚えたつもりでも、頭が真っ白になって、度忘れしてしまうことがあります。落語のセリフなんか忘れてしまったら、どうされるんですか?」

 

昇太:これもよく聞かれますよね。これ、「セリフ」で覚えると忘れるんですよ。「セリフ」を追いかけていくと、1個出なくなると、次も出なくなる。

魚住:「セリフ」で覚えたらダメってことですね。

昇太:そう。「セリフ」じゃなくて、「全体で」「ストーリーで」覚えるんです。頭の中のイメージでいうと、ストーリーという1本の棒があって、その周りにセリフがくっついているというように。

魚住:大きな流れをまず覚えてしまうということなんですね。

昇太:そうそう。そうするとセリフがひとつ抜けても、次のセリフが頭に浮かぶわけです。

この連載の一覧はこちら

魚住:飛ばしたとしても、「ストーリー」で覚えていたら、つなげられるってことですね。そうすると一般の方がスピーチをされるときは、最初から一言一句覚えるよりも「流れを覚えておく」という。私もときどきセリフが飛ぶことがあるんですけど、スタート地点とゴール地点を決めています。

昇太:スタートを決めて、途中のおおまかな道だけは覚えておいて。

魚住:っていうことですね。

第2回:凡人でも「思わず聞かせる話し方」はできる!

第3回:「説得力のある話し方」、どうすればできる?

第4回:話がうまくなる「ちょっとした」小道具&コツ

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT