急成長するアジアIT市場、同じ巨大新興国でもこんなに違う中国とインド

もちろん、所得の伸びとIT製品の価格下落によって、社会背景抜きに予想どおりにパソコンなどIT製品の需要が拡大する地域もある。たとえばベトナムの商都・ホーチミンはそうだ(首都ハノイではパソコン市場の伸びはそれほどでなく、ベトナム全土での現象とは言いがたい)。
 
 ただホーチミンを含むベトナム全土で乗り物の基本はバイクであり、自動車や公共交通の発達した国では移動中に電話をかけたりスマートフォンをいじれるが、バイクを運転しながらでは無理だ。ホーチミンを現地調査すると、スマートフォンの人気はパソコンに比べて低いように感じたし、無線LANのあるカフェにカップルがバイクを横付けし、ノートパソコンを広げて動画を楽しむ光景もよく見た。やはりスマートフォンよりもノートパソコンが人気であるのには訳があるわけだ。このようにベトナムにおいても、習慣やその地域の背景を知らないと、どのような市場が伸びるかどうかの正しい予想は難しいのである。



■ベトナムのホーチミンで人気のパソコンショップ


山谷 剛史 やまや・たけし
中国内陸部在住のIT専門ライター、中国のIT事情を中心に取材・執筆。著書に『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』(ソフトバンク新書)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。