急成長するアジアIT市場、同じ巨大新興国でもこんなに違う中国とインド

インドでの人気サイトはYouTubeにFacebookと、アメリカ発のサービスばかりで、インドのニュースサイトにしても英語のニュースサイトがほとんどだ。地域を股にかける比較的成功したインド人同士は英語混じりの言葉で会話ができる。結局、パソコンに触れ、インターネットを活用しようとする人は、英語ができる人ということになる。インドのパソコン市場はすなわち英語のできる層となり、そうした人はそれなりに給料をもらっているので、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンが売れている。

またスマートフォンに関しては、中国ではメンツを満たすかどうかがカギとなり、買ったら買ったで遊んでばかりだ。しかし、インドでは、IT製品はホワイトカラーにとっての実用的なビジネスツールであり、サムスンのGalaxyやQWERTYキーボードのブラックベリーが、iPhoneより売れているという結果が出ている。

中国ではAndroid搭載スマートフォンの普及にゲームの役割が大きかったが、インドではゲームの牽引力はそう大きくはない。中国のようにゲームがAndroidスマートフォン普及の起爆剤にはならないだろう。



■インドのさまざまなメーカーの製品が購入できる家電ショップビル


 中国とインドは、いずれも膨大な人口を抱える新興国だ。ただ、社会の仕組みは異なっており、巨大な新興市場というだけでは、IT市場がどのように拡大するか予想できない。「中国が経済発展した」→「だからIT小売市場も大きくなるだろう」→「インドも中国と同様に市場が大きくなるだろう」という予想だけでは不十分なわけだ。
 
 それぞれの国の状況を少しでも知っておかなければ正確な予想はできない。経済成長するにつれ、カネを持った世代から家電が普及していくとは限らない。中国の中高年にはIT製品に対するモチベーションの壁があるし、インドのIT製品の普及には言葉の壁があるのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT