親の就職サポート--やるべきこと、やってはいけないこと

親の就職サポート--やるべきこと、やってはいけないこと

 

HRプロ株式会社代表 寺澤康介

 

親と子の関係、子供がどのような性格かなどによって、親の就職サポートのあるべき姿は変わる。普段何でも相談する親子関係なら、就職活動でもそうすればよい。子供の意識が自立していて、信頼して任せているようであれば、就職活動へのアドバイスも最低限のものでよい。逆に親から見てあまりに世間知らずのことをしていたら、しっかりと口をだすべきである。

ただ、今の親世代は就職環境が今とは大きく違っていたことを認識しておかなければならない。仮に親世代が50歳前後とすると、大学進学率が倍ほども違い大学生がまだ希少な存在でありえたし、就職率も70~80%と、今の60%に比べると高止まりをしていた。就職ナビもなく、過剰なネットエントリー数による競争で非常に負荷のかかる就職活動を強いられることもなかった。

このような大きな違いを認識しないまま、自分の頃の就職活動の常識をそのまま持ち込んでアドバイスをすると、子供の反発を招きかねない。アドバイスをするのであれば、現在の就職状況をよく認識してからしてほしい。

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。