(第27回)今後海外進出するのは従来より小規模な企業

海外進出の度合いは、企業規模によってかなり顕著な違いがあることが分かる。以下で述べるように、この事実は、製造業の今後を考えるにあたって重要な意味を持つ。

これまでの海外進出は資本金100億円超の企業

海外事業活動基本調査において「大企業」とされているのは、資本金10億円超の企業である。

この範囲の企業のうち資本金100億円超の企業は、図で見るように、7割近くが海外進出している。これまでの海外移転の中心になっていたのは、このレベルの企業である。

ただし、業種によって、海外進出度には差がある。自動車や電機などの組立型工業の場合には海外進出率が高いが、それ以外の業種では大企業であっても海外進出していない企業がある。したがって、この範疇内の企業でも、今後新たに海外進出を行う企業があるだろう。また、現在すでに進出している企業も、今後海外拠点を増やすだろう。

大企業のうち、資本金が10億~100億円の企業では、海外進出率は約4割だ。つまり、大企業といえども、過半はまだ進出していないことが分かる。このレベルの企業は、今後海外移転を進めてゆくことになるだろう。

海外事業活動基本調査では、資本金3億円超10億円以下の企業を「中堅企業」と呼んでいる。図で見るように、この範疇の企業の進出率は、まだ16%に過ぎない。このレベルの企業は、資金調達能力などの面では、海外進出できる条件を満たしていると考えられる(ただし、人材面での条件が十分かどうかは疑問がある。これについては後述する)。

そして、系列企業の場合には、親会社が国内の工場を閉鎖して海外に移転すれば、それについて海外進出せざるをえないだろう。系列でなくとも、受注が減るため、国内生産は困難になるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT