年賀状の戦後史 内藤陽介著

年賀状の戦後史 内藤陽介著

今年も年賀状印刷ののぼりを目にする時期が来た。恒例のお年玉付き年賀はがきが初めて発行されたのは1949年のこと。特等商品はミシン、1等が純毛洋服地、2等が学童用グローブと、戦後の国民生活の一端をうかがい知ることができる。

2012年用のお年玉付き年賀はがきの発行枚数は35億6000万枚。年々減っているとはいうがそれでも1人当たり30枚程度という膨大な枚数だ。日常の通信は携帯電話や電子メールで済ます現代にあってなお、年中行事として私たちの生活に根差す年賀状。郵便資料を用いて国家と社会、時代や地域のあり方を読み解く「郵便学」を研究する著者がユニークな視点で戦後の日本を描く。

角川ONEテーマ21 760円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。