本へのとびら 岩波少年文庫を語る 宮崎駿著

本へのとびら 岩波少年文庫を語る 宮崎駿著

アニメーション界の巨匠が、子どもの頃から親しんできた岩波少年文庫の中から精選した50冊を紹介する。

『星の王子さま』『ハイジ』『不思議の国のアリス』『注文の多い料理店』などの誰もが知る定番もあるが、面白いのに図書館になさそうな作品、読書の入り口として子どもたちに興味を持ってもらえるような作品を中心に選んだという。アニメーターらしく、物語世界を広げる挿絵のすばらしさについても語られているのが興味深い。

本を読ませたい親には、読書に効用を求めて読ませるのではなく、1冊でもいいからその子が作品世界にどっぷり入り込むくらいに気に入るものを見つけてあげることが重要だとも述べている。

岩波新書 1050円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT