本へのとびら 岩波少年文庫を語る 宮崎駿著

本へのとびら 岩波少年文庫を語る 宮崎駿著

アニメーション界の巨匠が、子どもの頃から親しんできた岩波少年文庫の中から精選した50冊を紹介する。

『星の王子さま』『ハイジ』『不思議の国のアリス』『注文の多い料理店』などの誰もが知る定番もあるが、面白いのに図書館になさそうな作品、読書の入り口として子どもたちに興味を持ってもらえるような作品を中心に選んだという。アニメーターらしく、物語世界を広げる挿絵のすばらしさについても語られているのが興味深い。

本を読ませたい親には、読書に効用を求めて読ませるのではなく、1冊でもいいからその子が作品世界にどっぷり入り込むくらいに気に入るものを見つけてあげることが重要だとも述べている。

岩波新書 1050円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT