本へのとびら 岩波少年文庫を語る 宮崎駿著

本へのとびら 岩波少年文庫を語る 宮崎駿著

アニメーション界の巨匠が、子どもの頃から親しんできた岩波少年文庫の中から精選した50冊を紹介する。

『星の王子さま』『ハイジ』『不思議の国のアリス』『注文の多い料理店』などの誰もが知る定番もあるが、面白いのに図書館になさそうな作品、読書の入り口として子どもたちに興味を持ってもらえるような作品を中心に選んだという。アニメーターらしく、物語世界を広げる挿絵のすばらしさについても語られているのが興味深い。

本を読ませたい親には、読書に効用を求めて読ませるのではなく、1冊でもいいからその子が作品世界にどっぷり入り込むくらいに気に入るものを見つけてあげることが重要だとも述べている。

岩波新書 1050円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。