アダム・スミス『国富論』を読む 丸山徹著

アダム・スミス『国富論』を読む 丸山徹著

まれに見る現実が日本にあるにもかかわらず、なぜそれをとらえる経済学が生まれないのか。「20年デフレ」の渦中で日々を過ごし、いつまでも長期停滞を脱せない現実に遭遇すると、誰もがそう思わずにはいられないのではないか。

経済学の祖といわれるアダム・スミスの主著『国富論』は、実に18世紀後半の英国社会の文脈があればこそ書かれたものであって、普遍的な学問的欲求から執筆されたのではない--。この事実を本書で知れば、現代日本の経済学への物足りない気持ちがますます募ってくる。むしろ「見えざる手」や「自然価格」といったことよりも、スミスが当時の現実にどのように向き合っていたか、彼の考え方がどのように形づくられたのかが大きく興味を引く。

マネタリズムや人口動態論ではなく、『国富論』に凝縮された同時代論と同様に、現代の日本経済をとらえる新しい試みがあってほしいと願わせる書だ。

岩波セミナーブックス 2730円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT