アダム・スミス『国富論』を読む 丸山徹著

アダム・スミス『国富論』を読む 丸山徹著

まれに見る現実が日本にあるにもかかわらず、なぜそれをとらえる経済学が生まれないのか。「20年デフレ」の渦中で日々を過ごし、いつまでも長期停滞を脱せない現実に遭遇すると、誰もがそう思わずにはいられないのではないか。

経済学の祖といわれるアダム・スミスの主著『国富論』は、実に18世紀後半の英国社会の文脈があればこそ書かれたものであって、普遍的な学問的欲求から執筆されたのではない--。この事実を本書で知れば、現代日本の経済学への物足りない気持ちがますます募ってくる。むしろ「見えざる手」や「自然価格」といったことよりも、スミスが当時の現実にどのように向き合っていたか、彼の考え方がどのように形づくられたのかが大きく興味を引く。

マネタリズムや人口動態論ではなく、『国富論』に凝縮された同時代論と同様に、現代の日本経済をとらえる新しい試みがあってほしいと願わせる書だ。

岩波セミナーブックス 2730円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。