タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 --ヨーロッパから来た楽しいコミック《宿輪純一のシネマ経済学》

ヨーロッパからやってくるのは経済危機だけではない。ヨーロッパで長年愛されている素敵なコミックのアニメーション映画もやってきた。前髪が立ったショートカットでカッコいい少年記者タンタン(TINTIN)と相棒の“白い”フォックステリア犬スノーウィ(SNOWY)の物語である。

『タンタンの冒険』は、もともとはベルギーのコミック。日本ではアメリカのディズニーのキャラクターほど有名ではないが、世界的にはかなりの人気シリーズで、世代や国境を越え50カ国以上で翻訳されている。日本ではなんと千葉銀行さんのキャラクターとなっている。

1929年にベルギーの漫画家エルジェが子供向けの新聞や雑誌に連載。その後23本(未完も入れると24本)の単行本にまとめられている。



©2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


 タンタン自体もかなりの人気コミックであるが、今回の映画的な話題は、スティーヴン・スピルバーグが製作・監督をしていること、また彼にとって初めてのアニメーションであることである。しかも3D。さらには、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの監督のピーター・ジャクソンまでも製作陣に加わっている。それだけで、かなり期待できる。

実は筆者は出張でベルギーには30回程度行っているが、タンタンについてはショップもあり、地元ならではのすごい人気である。ベルギーの友人に聞いてみるとTINTINはフランス語では乾杯のあいさつでもあるが、そもそもは「空っぽ」といった意味で、読む人が決めればよい、みたいな感じもあるらしい。
 
 どうでもいいことでもあるが、筆者が気になるのはその発音である。フランス語だと発音は「タンタン」であるが、英語だと「ティンティン」となる。この映画のなかでは「ティンティン」と発音している。原題も『The Adventures of Tintin:The Secret of the Unicorn』と英語表記となっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。