考えるでは弱い。念じるように考えると、方法や解決策が見つかるんです--葉田順治・エレコム社長(第3回)

考えるでは弱い。念じるように考えると、方法や解決策が見つかるんです--葉田順治・エレコム社長(第3回)

--商品の特性上、量販店とのお付き合いが多いですね。

量販店のトップ全員と親交がありますが、皆さんそれぞれ個性が違います。ちなみに僕は新しい量販店の社長さんに経営のアドバイスなどもしているのですが、今残っている人たちは皆さん僕の話を聞いてくださった方々ですね。お会いして、その人の目を見れば店の成長性はわかります。

--経営者に必要な能力は何だと思いますか。

危機管理能力も大切ですが、一番は決断力ですね。たとえば撤退の決断を嫌がる経営者もいますが、会社が潰れることがいちばんまずい。何かをやめることを恥だとは思ってはいけません。
 
 もちろん、僕もフォローの風が来れば行け行けドンドンで行きますが、好調なときは経営者の能力が低くても成長しますからね。そんなの経営者の仕事じゃありません。

いざやめるときに決断を下すことが経営。だらだらと中途半端にやっていてはダメです。決断をするために重要なのは、知識、胆力、思考力、洞察力でしょうか。

2番目に必要なのは、戦略を構築する力ですね。ハンズオンで現場を歩き回って決断を下す人と、戦略を構築して仕組みで回す人と、経営者には2通りのタイプがあります。僕はずっとハンズオンでやってきたのですが、3年前からは現場を見る頻度を減らして戦略系へと変わりました。

すると、会社が伸びるようになったんです。きめ細かく自分が現場を飛び回って120点をとるより、なべて80点をとるようなやり方をするようになったら支店長クラスも育ってきました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。