患者負担を別の患者に回す「受診時定額負担」の迷走


 制度設計を任された厚生労働省は「1回100円の定額負担は将来にわたって増やす考えはない。翌年度以降は高額療養費制度の改善による給付費の伸びの部分は、保険者財政の中で(=つまり保険料や税で)負担する必要がある」と説明している。

だが、「無料→患者負担の導入(定額負担)→金額の引き上げ→定率化」へと変遷をたどった高齢者医療の自己負担の推移を見ても、いったん導入された制度が変更されることなく、将来にわたって100円が維持される保証はない。

受診時定額負担については、積極的な賛成論が少ないのも実情だ。

同制度を審議している厚労省の社会保障審議会医療保険部会では、医療団体関係者のみならず、学識経験者からも、「患者一般の負担を増やすには正当性の論理が必要。論理的に薄弱なところがある」(和田仁孝・早稲田大学法学学術院教授)、「受診抑制が働くので、軽々に使うべきではない」(岩本康志・東京大学大学院教授)などと否定的な意見が相次いでいる。

医療保険を運営する保険者側からも「選択肢の一つとして検討すべき。ただ、その後は保険者財政の中で負担せよという記述は、(保険料の引き上げにつながるので)財政中立とはいえない」(小林剛・全国健康保険協会理事長)といった声が上がっている。

患者負担軽減を狙いにしたはずの改革が、いずことも知れぬ方向へ迷走を続けている。

(岡田広行 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年11月26日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT