天皇陵の謎 矢澤高太郎著

天皇陵の謎 矢澤高太郎著

古代の天皇が埋葬されているといわれる巨大な古墳の数々は、宮内庁の厳格な管理の下で、“禁断の聖域”として立ち入りを禁止されている。そして、宮内庁があまりにも閉鎖的なために、陵墓そのものは一切の発掘調査ができない状態が長い間続いている。そのため、今や周辺の学術調査から明らかに被葬者が違っていると思われるもの、実在が疑われる天皇のものなどが多数に上るという。

陵墓とはいかなる場所なのか。初代神武陵から第42代文武陵までの古代の天皇陵には、本当は誰が眠っているのか。元新聞記者である著者が、宮内庁をはじめ、学者や研究者らへの取材と、限られた史料の分析を基にして、その謎に迫った。

文春新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。