天皇陵の謎 矢澤高太郎著

天皇陵の謎 矢澤高太郎著

古代の天皇が埋葬されているといわれる巨大な古墳の数々は、宮内庁の厳格な管理の下で、“禁断の聖域”として立ち入りを禁止されている。そして、宮内庁があまりにも閉鎖的なために、陵墓そのものは一切の発掘調査ができない状態が長い間続いている。そのため、今や周辺の学術調査から明らかに被葬者が違っていると思われるもの、実在が疑われる天皇のものなどが多数に上るという。

陵墓とはいかなる場所なのか。初代神武陵から第42代文武陵までの古代の天皇陵には、本当は誰が眠っているのか。元新聞記者である著者が、宮内庁をはじめ、学者や研究者らへの取材と、限られた史料の分析を基にして、その謎に迫った。

文春新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT