イマドキ学生は漢字より「ひらがな」が苦手?

あえて「ひらがな」で書かせる入試の意図は

「イホー」と「セキニン」って、やはり「違法」と「責任」と書くべきじゃないのかなあ、と、その時はひどく戸惑った。その彼は2年後、法科大学院を修了した年に難なく新司法試験に合格したので、優秀であったことは間違いないのだが、彼にとっては、漢字でもひらがなでもなく、カタカナで書くことが習慣づいていたのかもしれない。

いったい、子どもたちの頭の構造はどうなってしまったのか。私たちは今後、子どもたちにどう向き合えばよいのか……。

「字面」しか覚えていないことの弊害

ひらがなとカタカナの間で得意不得意が分かれることは理解に苦しむが、こと漢字との関係でひとつ考えられるとすれば、「読み」を正確に把握できていない子どもが増えているという点だ。

昨今、スマートフォンでは「予測変換」が主流になり、1文字入力するだけでよく使っているフレーズが候補として挙がる。受験勉強で出会う数多くの難読漢字も、「字面」では覚えていながら、正確に読むことに神経を使っていないケースが増えているのではないか。

医療現場では、患者への説明や医師同士の会話など、「発話ベース」でのミスのない情報交換も重要になる。そう考えると今回の「ひらがな問題」も、「読み」まで正確にマスターせよと、受験生に示唆する目的があったのかもしれない。

このほかにも、医学部入試に関する情報を小林公夫オフィシャルサイトにて紹介しております。ぜひ、併せてご覧ください。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT