東芝、西室相談役"フライング発言"の意味

経営刷新委員会の人選を事前に公言

「(東芝では)社長、会長を経験した人が80歳になるまで相談役というポジションで、必要に応じてアドバイスをする」と言う西室氏自身、今年12月で80歳を迎える。今後の東芝を率いる社長、会長について、「コーポレートガバナンスが分かっている弁護士、会計士、企業経営者など、適任者がいれば誰でもいい」(西室氏)と話す。

無論、新たにトップを選ぶのは西室氏ではない。それに関わるのは経営刷新委員会であり、指名委員会だ。東芝グループで社長も務めたあるOBは「思い切って若い世代に託せば東芝は必ず蘇る」と話す。「歯を食いしばってでも社内からいい人を選ばないといけない」(東芝幹部)という声もある。関係者によれば、今のところ会長は社外、社長は社内からというのが有力だ。

 誰が企業風土を変えるのか

2013年2月の社長交代会見。左から西田厚聰氏、田中久雄氏、佐々木則夫氏(撮影:梅谷秀司)

社長続投との見方が出ている室町氏(65)は2008年に取締役に就任し、副社長を務めた後、2012年には常任顧問に退いた。経緯は不明だが翌年になって取締役に復帰。2014年に会長に昇格している。東芝社内では「社長レースには敗れたが、候補の1人だった」という声もある。だが、出戻りのトップが、非常事態の中で強い求心力を発揮できるのかは疑問符がつく。

東芝グループの従業員は約20万人。第三者委員会の報告書は「東芝においては、上司の意向に逆らうことができないという企業風土が存在していた」と断じている。過去のしがらみを断ち切って再生を図るには、大胆な世代交代が必要なのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT