東芝、西室相談役"フライング発言"の意味

経営刷新委員会の人選を事前に公言

第三者委員会の報告書提出を受けて東芝が開いた7月21日の会見。田中久雄社長(右)の辞任を受けて、室町正志会長(左)が社長を兼務することになった(撮影:尾形文繁)

日本郵政の会見で西室氏は今後の東芝トップについて、「私のほうにも手を挙げている方がぼちぼち来ています」とも話した。火中の栗を拾って実績を作ろうとするプロ経営者が売り込みに来たのだろうか。それとも意欲のある社内幹部がアピールしているのか。いずれにしても、今の東芝の”顔”が誰なのかを示すエピソードだろう。

西室氏は東芝の中ではきっての国際派トップ。1990年代前半のDVDの規格争いで、ソニー・フィリップス連合を打ち負かした実績が買われ、1996年に8人抜きで社長の座についた。海外経験が長く非重電の営業畑を歩んだ西室氏が抜擢されたことで、東京大学卒・重電畑というトップ人事の慣例がこの時に崩れた。

「公のためにお手伝いする」

社長就任後は、米国流の経営を積極的に取り入れ、1998年には執行役員制を導入して取締役会を少人数化。1999年には社内カンパニー制を敷いて、経営判断の迅速化を図った。2005年に相談役に就いてからは、経団連副会長を務めながら東京証券取引所のトップに就くなど、多くの要職を務めた。

石川島播磨重工業を経て1965年に東芝の社長に就いた土光敏夫氏。経団連会長も務めた。

2012年に郵政民営化委員会委員長に就いたところ、その1年後には「ほかに社長をやる人がいない」と、日本郵政社長を頼まれた。当時、西室氏は「最後のご奉公だと思って決心した。私の出身は東芝だから、伝統として公のためにお手伝いする精神は持っていた。大先輩の土光敏夫さんが経団連会長になったのは、私と同じ77歳の時。それで日本郵政の社長を引き受けた」と語っている。

東芝相談役として丸10年が経過したが、今でも週に一度は本社(東京・港区)に足を運ぶ。西室氏が使うのはかつて土光氏が使っていたという由緒ある部屋だ。

次ページ思い切った若返りが必要?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT