強烈な「私情」が、仕事力を極限まで高める

イノベーションを起こすには「公私混同」せよ

キリギリスの価値観はこれとは真っ向から対立します。「個人重視」のキリギリスにとって、「劇中の自分」と「素の自分」は境目があまりなくなっています。遊んでいるときでもつねに仕事を考え、仕事も楽しんでやっているので、「おカネのためにやっている」という感覚も希薄です。キリギリスの辞書に「ワークライフバランス」という言葉はありません。そもそも「ワーク」と「ライフ」は一体化しており、「バランス」させる対象ではないからです。

このような仕事に対する根本的なスタンスの違いが、冒頭のアリ田課長とキリ山くんとのかみ合わない会話につながっています。前提となる基本的な認識が異なるので、キリ山くんがこれ以上、何を言っても建設的な方向に行くことはないでしょう。

それでは、このような根本的なジレンマがある中で、「アリの巣の中のキリギリス」はどのように振る舞えばいいのでしょうか? キリギリスが「複雑なアリの巣の中で死なないためのアドバイス」として、以下の3点を挙げておきます。

キリギリスは辺境でチャンスを見いだせ

ひとつ目は、このような「2つの価値観」の衝突を単なる現象面でとらえるのではなく、「なぜ、どういうメカニズムで起こっているのか」を理解し、それを関係者間で共有することです。単に「あの人と話をしても通じない」と言うだけではなく、相手の思考回路を理解しようとすることが重要です(実際問題、アリがキリギリスの思考回路を理解するのは限りなく難しいのですが)。

2つ目は、キリギリスとしては、なるべく「アリの巣の価値観」が弱いところで活動するほうが、「個性」を生かせる可能性が高いということです。たとえば、「稼ぎ頭の事業部」よりは赤字の事業部、本社よりはなるべく本社から遠い出先、親会社よりは子会社といった環境です。

アリの価値観からすると、いずれも出世からは遠ざかって(むしろ「左遷」に近く)、否定的に考えられがちな環境かもしれませんが、よくも悪くも注目されていない分、それを逆手にとれば、キリギリスにとっては格好のチャンスとなるかもしれません。

本当はキリギリス型を自認する人は「アリの巣から出てしまう」のが、価値観の衝突を回避するにはよい方法なのかもしれませんが、「そうもいかない」ということであれば、あえて「辺境」で生きようとすることはより現実的です。

最後の3つ目ですが、このような価値観の違いや自分の考えが理解されない環境を「受け入れる」ことも重要です。そもそも昔から、大きな改革を成し遂げたり、画期的な商品やサービスを生み出した人たちは、初めは世の中の嘲笑を浴びたり、既存の組織や体制派と衝突して、それを乗り越えた人たちばかりです。

神様はイノベーターたちに、あえてそのような試練を与えているのではないでしょうか?「その程度の障害が乗り越えられないで、イノベーションなんかを語るな!」と。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT