強烈な「私情」が、仕事力を極限まで高める

イノベーションを起こすには「公私混同」せよ

特に、これまで日本企業が得意としてきた標準化による効率化やコストダウンでは、新興国が競争力を強め、技術の面でもキャッチアップしてきています。日本の人も組織もイノベーション型に舵を切っていかなくてはならないのは、必然と言えるでしょう。

効率重視の組織では創造性は押さえ込まれる

創造的に仕事をするための環境と、効率重視のオペレーションを最適化するための環境やそこでの常識とは、ある意味でまったく逆です。「創造的であれ」とか「イノベーションが重要だ」と言いながらも、そのことに気づいていないアリ田課長のような上司が組織の中では多数派です。この矛盾が、冒頭の会話のような状況を日常的に生み出しています。

ここでも、従来型の組織で支配的だった「アリ型」の価値観と、新しく必要とされる「キリギリス型」の価値観の間での矛盾が起こってきます。これが今回取り上げるジレンマです。

効率性を追求すればするほど、個人の「私情」や「思い入れ」は否定され、創造性を生み出す環境ではなくなってしまう。本連載で言えば、効率重視、組織重視が「アリ型の思考」で、創造重視、個人重視が「キリギリス型の思考」です。

従来の日本企業の強みの中心であった、効率性の追求、コストダウンやコンパクト化による差別化のために最も必要なのは「組織力」でした。効率性は従業員一人ひとりの努力もさることながら、これを仕組み化し、集団で取り組むことでさらに高めることができます。

組織としての効率化に必要なのは、第1に、仕事を極力標準化して「誰でも同じように」品質の高い仕事ができるようにすることです。全員が一丸となって同じ方向を目指し、無駄のない動きをすることが不可欠でした。

もうひとつ重要なポイントが分業化です。組織が大きくなればひとりの従業員がすべての業務をカバーすることはできませんから、仕事を分業化、専門化するとともに、おのおのの仕事の境界を明確に定めて自分の担当業務に特化するのが、効率的に仕事を進めるためには有効です。

次ページ線を引くアリ、引かないキリギリス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT