イスラエルが「孤立リスク」に直面している イラン核合意に猛反発を続けた「代償」

拡大
縮小
ネタニヤフ首相は、イスラエルを国際社会から孤立させつつある(写真:REUTERS/Baz Ratner )

[7月16日(ロイター)]- イランとの核合意が発表された翌日の朝、エルサレムの丘からいつもと同じように太陽がキラキラと空高く上った。

その様子はあたかも、イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相がこの20年間、黙示録さながらの警告を出し続けていたにもかかわらず、これからは普通の生活に戻れるのを、この古代の地が嘲笑っているかのようであった。

イランとの核合意は「最悪の取引」

イスラエルの複数の高官は、ネタニヤフ首相が今回の合意について述べているように「最悪の取引」と評している。この合意は、米国と他の5大国がイランによる核プログラムの軍事転用阻止を目指したものである。しかし当の首相を含め、誰も戦争の準備ができていたわけではない。

「イスラエルによるイラン核施設への攻撃など、まったくありえないシナリオだ」と、イスラエル日刊紙Haaretzの軍事アナリストであるアモス・ハレル氏はそう伝えている。

先週火曜日の夜に合意成立が発表された際、ネタニヤフ首相による最初の短いコメントは核問題にまったく触れず、「今日、世界はこれまで以上に危険が多い場所になった」というものだった。

「世界をリードする大国は、国際テロリズムの最前線にいる国(イラン)との取引に私たち全員の将来を賭けたのだ。イランは10年にもわたってギャンブルを行っていたが、ギャンブルをするインセンティブがなくなったことでこのテロリスト国家は変化していくだろう」という声明を出している。

つねに戦争状態にある小国のリーダーがイランに存在する2つの冷酷無情な集団、国境北部と南部に展開しているヒズボラとハマスに対して発した警告は重大なものであった。

次ページオバマ大統領の怒り
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT