池上彰が斬る!「米大統領を決めるのは誰か」

高まり続けるヒスパニックの影響力

テネシー州ナッシュビルのメキシコ料理店で注文をするオバマ大統領(写真:AP/アフロ)

前編:池上彰、「アメリカ銃社会」の病弊を斬る

大統領選挙にもヒスパニック票が影響

テキサスを見れば、アメリカがわかる。前回、そのように説明しました。この「ジ・アメリカ」とでもいうべきテキサスは、リオグランデ川を挟んでメキシコと接しています。その川幅はかなり狭いところもあるため、夜陰に乗じてメキシコからアメリカへ不法に入国することは、我々が考えるよりも簡単そうです。警備隊による監視で取り締まるには、限界があります。もしアメリカが不法移民を完全に防ぎたいのなら、イスラエルがパレスチナ自治区の周囲に巡らせているような塀を造る必要があるでしょう。

この移民問題は、来年のアメリカ大統領選挙に大きな影響を与えます。アメリカでは、ヒスパニックの有権者の人口が増えているからです。民主党と共和党、どちらが勝つかは、ヒスパニックの票が決めると言えます。 

前回の大統領選では、オバマ大統領がこの大票田を押さえました。ヒスパニックには貧困層が多く、彼らは大きな政府を望んでいるため、民主党を支持しているのです。また、ヒスパニックの有権者は、不法移民に対して温情的な政策を打ち出す政治家を支持する傾向にあります。

次ページ民主党人気に対抗してヒスパニックをアピール
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。