カツラの使用、会社に伝えるべきですか

周りからの陰口が気になります

仮に、採用面接時にカツラの着用を申告してそれが理由で落とされるようであれば、最初からその程度のレベルの会社を、相手にしないほうがいいわけです。カツラを着用していることが、Mさんご本人の能力や職業上のスキルに大きな影響を与えているわけではないでしょうし、採用や人事評価上の判断材料にはならないはずです。

職場での「よい人」は仕事ができる人!

職場での「よい人」というのは、仕事ができる人です。外見がよい美男美女がよい人ではありません。つまり仕事においては外見や性格がどんなによかろうと、仕事ができないような人は困るわけです。

気にするべき点は、仕事のスキルです。Mさんは「すばらしいキャリアがあって入ったわけでない」と書いていますが、正社員として採用されたということは能力がないというわけでもないでしょう。自分自身を過度に低く見る必要はありません。

仕事のできる人というと、どうしても派手な実績を出す人に注目が集まりがちですが、ミスなく作業を進めるとか、任せると安心感がある、などの「マイナス点のなさ」で勝負してもいいのです。むしろ世の中の多くの会社で重宝されている人は、そのタイプです。

着実に地道に成長して、着々とその組織におけるポジションを確立できるかどうかが大切です。そうすることによって、ほかの余計な要素ではなく、仕事のスキルがMさんの評価、という構図を作り出せます。

そのうえ、そういったポジションを築いた後は、変な外野の声は無視してください。カツラをかぶらざるをえない状況というのは、今すぐは変えられないことなのだから、仕事をするうえでは、この点を悩んでも仕方がないわけです。

一方で仕事のスキルを磨くということは自分の努力次第でなんとでもなります。注力(悩む)すべきはご自身でコントロールできる範囲のものにしましょう。

本連載では「自分を好きになる勇気」ということを、何度か申し上げています。Mさんもぜひともその勇気を持ってほしいと思います。外野の声を無視したり、世間に流されない姿勢を貫く第一歩は、「欠点を含めて自分自身を好きになる」ことです。欠点ではなく、自分の個性だ、と開き直ればいいのです。

自分自身が自分の欠点にばかりこだわっていると他人もそこにフォーカスを当てる傾向にあります。逆に自分が堂々としていれば、他人も何も言わなくなります。「自分が自分を応援しないで誰が応援するんだ」という気概を持って、自身で変えられる部分である仕事のスキルを磨くことに注力をしてください。きっと違う世界が開けてきます。

Mさんが周りの声に惑わされずに、ご自身の道を進まれることを応援しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。