なぜGMは「燃費の悪いクルマ」にご執心なのか

利益の過半を稼ぐアーリントン工場を刷新へ

2008年11月18日、ゼネラル・モーターズのテキサス州アーリントン工場で大型SUVを組み立てる従業員(REUTERS/Jessica Rinaldi/Files)

[テキサス州アーリントン(ロイター)] - ゼネラル・モーターズは、中国やその他の市場での不振を補うため、燃費の悪いSUVの賭け金を吊り上げようとしている。

7月14日、ゼネラル・モーターズは、キャデラック・エスカレード、シボレー・サバーバン、GMC・ユーコンなどのSUVを生産しているテキサス州アーリントン工場を近代化するために14億ドルの予算を投入すると発表した。これは今年初めに発表された、3カ年工場改修プログラム予算54億ドルのうち、最も大きなものだ。

高まるアーリントン工場の重要性

7月13日、ゼネラルモーターズのバーラ最高経営責任者は、米国で小型車「シボレー・ソニック」を生産する計画に「変更はない」と言明した(2015年 ロイター/Rebecca Cook)

ゼネラル・モーターズのメアリー・バーラCEOは、工場の近代化によって毎年平均20%の投資リターンをもたらすと投資家達に約束している。しかしアーリントン工場に投入される金額は14億ドルを上回るだろう、と会社の計画に詳しい人物が話した。

ゼネラル・モーターズは世界中に400ほどの工場を持っている。そして、11の異なるブランドを擁し、120の国で車を販売している。ところが、「アーリントン工場で生産されている車からの利益だけで年間30億ドル以上におよんでおり、これは昨年のゼネラル・モーターズ全体の営業利益65億ドルの約半分に相当する」とアナリストは指摘する。

アーリントン工場の3800人の時間給従業員は、1人当たりに計算すると年間約80万ドルも企業に貢献しているにもかかわらず、得られる収入は他の平均的なアメリカの労働者と同等だ。

次ページ大型車でGMは独り勝ち
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT