野村ホールディングスは米連邦住宅金融局の提訴で新たな不透明要因が追加、世界的な金融不安も懸念材料

野村ホールディングスは米連邦住宅金融局の提訴で新たな不透明要因が追加、世界的な金融不安も懸念材料

業績停滞が続く野村ホールディングスに新たな不透明要因が加わった。米連邦住宅金融局(FHFA)が9月2日、野村を含む17の金融機関を相手取り、住宅ローン証券販売での損害賠償を求めて提訴したためだ。

FHFAの声明や訴状によると、17の金融機関は住宅バブル当時、FHFAの監督下にある住宅公社(GSE)のファニーメイとフレディマックに対し、リスクを正確に説明することなしにサブプライム住宅ローンを組み込んだ証券化商品を販売したのは証券取引法などに違反するとして、販売総額1960億ドルに及ぶ取引の無効と損害賠償を求めている。

このうち野村は、2005年11月から07年4月にかけて現地子会社を通じ「20億ドル(約1500億円)以上」の住宅ローン担保証券(MBS)を販売したとしており、これらの販売の無効と損害賠償(弁護士料や金利などを含む)を要求されている。

野村の販売額は他の被告金融機関に比べれば少ないほう。多いところではバンク・オブ・アメリカ(子会社のカントリーワイド、メリルリンチを含む)の574億ドル、JPモルガン・チェースの330億ドル、英RBSの304億ドル、ドイツ銀行の142億ドル、クレディ・スイスの141億ドルなどケタが違う。また、販売額のうち損失額は1~3割程度にとどまるとの見方もある。20億ドル程度という野村の販売額を考えると、たとえ全面敗訴となっても、経営を一気に揺るがすほどの規模ではないだろう。

米国ではこれまでも、いわゆる「レプワラ問題」(借り手との契約時点で手続き上不備のあった住宅ローンやその住宅ローンから組成されたMBSの買い戻し問題)で多くの大手銀行が投資家に訴えられ、多額の損失を計上している。特にバンカメはカントリーワイドやメリルリンチを救済合併したこともあって影響が大きく、10年10~12月期と11年4~6月期にそれぞれ71億ドル、165億ドルの関連損失を計上し、最終赤字となっている。

今回の訴訟は、「MBS販売の際の売り手の説明を巡っての問題であり、レプワラ問題の場合と比較すれば売り手側の過失は小さい」(大手証券クレジットアナリスト)との見方もあるが、大手銀行には大きな追加的リスク要因であることは間違いない。バンカメの株価は年初の半値水準まで暴落している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT