「女だから出世」は後ろめたいことですか?

女であることからは、一生逃げられない

「あなたが女性である」というのは、れっきとした事実なのですから、女性であることも含めて、あなたの能力に期待をされていると考えてみてはどうでしょうか。万が一、女性ということが、人事の決め手になったのだとしても、それもあなたに授けられたラッキーアイテムくらいに思っていればいいのでは? 

これまでのビジネス人生で、女性だから得したことも損したこともいろいろあったはずです。私も営業担当だったころ、ある銀行を担当することになって、初めてのごあいさつに伺ったら、「女性の営業担当ですか~、斬新ですね~」などと露骨に嫌な顔をされ、「もっと高い学歴の男性営業担当に替えてほしい」と上司にすぐ連絡が入ったことがありました。

一方で、別の価格に厳しい顧客に、「女性との価格交渉は気が引けてやりにくいなぁ」と言われて、一発満額回答をいただき、「オレのときは軟禁状態だったのに!」と男性先輩から驚かれたこともあります。前者のときは、「まだ何もしていないのに、なんじゃそれ!」と腹も立ちましたし、後者のときは「よかった~。何時間も価格交渉なんてしなくて済んで」とほっとしました。

要は成果を出すことが大事

「女性だから」ということから、私は逃げられない。それもこれも含めて、トータルで私自身の実力だと思おう、と私はずっと自分に言い聞かせてきました。あなたも、これからの長いビジネス人生できっと同じように、「女性だから」という目に遭うことは間違いない。いいことも悪いことも含めてです。それも織り込んでしまえるようになれば、逆に性別を自分の特徴ととらえて、前向きに仕事ができるようになる、と私は思います。

さらに言うと、「管理職抜擢」なんていうのは、「あがり」でもなんでもありません。塁に出た、くらいのもんです。抜擢されて、どのような管理職となり、どのような仕事をしていくのか、これから先のことのほうが百万倍も大事です。その成長のチャンスがあなたにめぐってきたのですから、やっかむやからが出てくるのは、当然と言えば当然。あなたが変に反応せずに普通に努力し続けていれば、あなたの耳に入ってくるくらいに強くやっかんでいる人は、「あの人、小さい……」「ひがんでるよね」とささやかれることになるでしょう。

「女性だから抜擢」との声にどうしても打ち勝ちたいなら、経済合理性で勝負です! 要は成果を出すこと。

女性であることを含めた、あなたのこれまでに自信を持って、今度は管理職として成果にこだわっていくことです。周囲の雑音に一喜一憂している暇はありませんよ。「女性だから…」という声が聞こえてきたら、「女性だからチャンスがあるんだとしたら、私って、なんてラッキー!」と思い、「こんなに注目されちゃって、成果だしたら余計に目立っちゃうわ~」くらいに能天気に考えるクセをつけましょう。これから先にいろいろと起こるビジネスでの出来事に、能天気になれる力が役立つ日が必ずあると、私は思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT