ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー


「三得利ビール」の名の下、上海でシェア6割を誇ったサントリーHDも競争激化で一部事業を売却、シェア急落で営業赤字転落。サッポロHDは参入も検討していない。

中国2位の青島ビールに20%出資するアサヒも盤石ではない。株式を譲り渡したABインベブは「バドワイザー」の販売網を手に入れ、提携メリットが薄れたと判断してのこと。二番煎じの日系が海外ブランドの一角に入るのは大変だ。

アジアのM&Aに詳しい森脇章弁護士は、「日系企業の武器は『生』ビールを造る高い技術力。現地企業からすれば、長期の提携よりも早く技術を盗みたいのが本音」と指摘する。海外展開にアクセルを踏む日系が超えるべきハードルは高い。

(本誌:張 子溪 =週刊東洋経済2011年8月13・20日合併特大号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT