ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー


「三得利ビール」の名の下、上海でシェア6割を誇ったサントリーHDも競争激化で一部事業を売却、シェア急落で営業赤字転落。サッポロHDは参入も検討していない。

中国2位の青島ビールに20%出資するアサヒも盤石ではない。株式を譲り渡したABインベブは「バドワイザー」の販売網を手に入れ、提携メリットが薄れたと判断してのこと。二番煎じの日系が海外ブランドの一角に入るのは大変だ。

アジアのM&Aに詳しい森脇章弁護士は、「日系企業の武器は『生』ビールを造る高い技術力。現地企業からすれば、長期の提携よりも早く技術を盗みたいのが本音」と指摘する。海外展開にアクセルを踏む日系が超えるべきハードルは高い。

(本誌:張 子溪 =週刊東洋経済2011年8月13・20日合併特大号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。