ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー

「こんないい案件はめったにない」。8月2日、都内で開かれたキリンホールディングス(HD)の緊急記者会見。その席上、三宅占二社長が手放しで喜んだ買収先は、ブラジル2位のビール大手スキンカリオール・グループだ。約2000億円で株式の50・45%を取得した。日系企業による海外ビール会社の買収額では過去最高。新興国の代表格であるブラジルでの買収も初めてとなる。

キリンに限らず、国内ビール業界は近年、海外でM&Aに積極的だ。国内市場の縮小に、潤沢な手元資金と円高という追い風から、今年に入り海外企業の買収、出資案件は大手ビール4社で合計10件近くに上っている。その多くがアジア・オセアニア市場で、まさに日系企業による陣取り合戦の様相だ(図)。

外資4社でシェア過半 大型再編はすでに一巡

が、日系企業の海外進出を鼻で笑うのが、海外のビールメジャーだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。