ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー

「こんないい案件はめったにない」。8月2日、都内で開かれたキリンホールディングス(HD)の緊急記者会見。その席上、三宅占二社長が手放しで喜んだ買収先は、ブラジル2位のビール大手スキンカリオール・グループだ。約2000億円で株式の50・45%を取得した。日系企業による海外ビール会社の買収額では過去最高。新興国の代表格であるブラジルでの買収も初めてとなる。

キリンに限らず、国内ビール業界は近年、海外でM&Aに積極的だ。国内市場の縮小に、潤沢な手元資金と円高という追い風から、今年に入り海外企業の買収、出資案件は大手ビール4社で合計10件近くに上っている。その多くがアジア・オセアニア市場で、まさに日系企業による陣取り合戦の様相だ(図)。

外資4社でシェア過半 大型再編はすでに一巡

が、日系企業の海外進出を鼻で笑うのが、海外のビールメジャーだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT