ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー

「こんないい案件はめったにない」。8月2日、都内で開かれたキリンホールディングス(HD)の緊急記者会見。その席上、三宅占二社長が手放しで喜んだ買収先は、ブラジル2位のビール大手スキンカリオール・グループだ。約2000億円で株式の50・45%を取得した。日系企業による海外ビール会社の買収額では過去最高。新興国の代表格であるブラジルでの買収も初めてとなる。

キリンに限らず、国内ビール業界は近年、海外でM&Aに積極的だ。国内市場の縮小に、潤沢な手元資金と円高という追い風から、今年に入り海外企業の買収、出資案件は大手ビール4社で合計10件近くに上っている。その多くがアジア・オセアニア市場で、まさに日系企業による陣取り合戦の様相だ(図)。

外資4社でシェア過半 大型再編はすでに一巡

が、日系企業の海外進出を鼻で笑うのが、海外のビールメジャーだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。