ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー


売上高を見ると、キリンはSABミラーと互角の2兆円規模。が、株式時価総額ではSABミラーの4兆7000億円に対し、キリンは1兆円規模と差は歴然。会計基準の差を除いた収益性指標であるEBITDAマージンでも、SABミラーとは2倍以上の開きがある(図)。ビール事業と海外事業への取り組みの違いがそのまま反映された格好だ。

実際、飲料事業のリスクは大きい。キリンは約3000億円をかけて07年に完全子会社化した豪州乳業最大手ナショナルフーズの業績不振から、10年12月期にのれん代などで約400億円を減損処理した。またアサヒは、韓国子会社のヘテ飲料を10年に売却。果汁飲料などが苦戦し、過去5年赤字を垂れ流した。

世界最大の中国も苦戦 ブランド浸透に高い壁

今後の焦点は世界最大のビール市場である中国だ。だが、ここでも足踏みしている。キリンは04年、中国でのビール事業をSABミラー系の華潤雪花に売却。11年2月にも出資していた大連大雪をABインベブに売却するなど、縮小の一途だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT