なでしこが決勝進出、女子W杯連覇に王手

イングランドを2-1で破り決勝に進出

7月1日、サッカーの女子W杯カナダ大会は、日本代表「なでしこジャパン」がイングランドを破り決勝に進出した(2015年 ロイター/ Erich Schlegel-USA TODAY Sports)

[エドモントン 1日 ロイター] - サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は1日、準決勝の残り1試合を行い、日本代表「なでしこジャパン」がイングランドを2―1で破り決勝に進出、大会連覇まであと1勝となった。

日本は前半33分、有吉佐織が倒されて得たPKを主将の宮間あやが決めて先制したが、イングランドも同40分にPKで同点に追い付いた。

後半に入り、イングランドのシュートが2度バーを直撃するなど、日本は何度かピンチを迎えたが、ゴールは奪われなかった。延長突入が濃厚となったアディショナルタイム、川澄奈穂美のクロスを相手選手がクリアしたボールがバーに当たってゴールラインを割った。このオウンゴールが決勝点となり、日本は辛くも勝利を収めた。

日本代表の佐々木則夫監督は試合後、「思いのほかイングランドの動きが非常に良かった」と振り返り、「最後まで勝とうとする気持ちがあの(オウン)ゴール」につながったとコメント。

決勝に向けて佐々木監督は、「ファイナルを目標にしてきた。もう結果はどうあれ、とにかく出た選手たちがサッカーを楽しんで、日本の皆さんに元気を伝えたい」と話した。

日本は5日の決勝で、1991年と99年の大会王者で五輪3連覇中の米国と対戦する。前回大会の決勝でも米国と顔を合わせ、日本がPK戦の末に勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT