バンドマンから48歳で弁護士転身のロックな半生 41歳の誕生日、もうひとつの人生を問いかけた

拡大
縮小
「何かを始めるのに遅すぎることはない」とはよく聞くが、島さんほどそれを体現する人はいない(撮影:赤澤昂宥)
この記事の画像を見る(13枚)

ロックミュージシャンから、48歳で弁護士に転身。

「the JUMPS(ザ・ジャンプス)」のボーカルであり、弁護士でもある島昭宏さん(アーティスト名:島 キクジロウ)のキャリアは異色そのものだ。

なぜ彼は、40代後半で新たな道を歩み出したのか? 島さんの半生を辿った。

話を聞いたのはこの人!
島 昭宏 しま あきひろ
島 昭宏(しま あきひろ)●1962年生まれ、名古屋市出身。早稲田大学政経学部卒。1985年よりパンクバンド「the JUMPS」ボーカル。弁護士法人アーライツ法律事務所代表。一般社団法人JELF(日本環境法律家連盟)理事、東京弁護士会公害環境委員会 副委員長・動物部会長、日本ペンクラブ理事 平和委員長/環境委員を務めるなど、環境や人権の分野で活躍。「島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS」のボーカルとしても精力的に活動中(撮影:赤澤昂宥)

バンド活動、シリーズギグでシーンを牽引

名古屋市内で生まれた島さん。地元は“喧嘩が強いことがステータス”なエリアだったが、小学3年生の頃に新興住宅街に引っ越し、環境が変わった。

島さんと音楽との出合いは、意外にもロックではなくフォークだった。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「小学5年生で知った、フォークの神様・岡林信康のインパクトが凄かった。貧困や部落差別のことを明確に歌っていたのが刺さりまくったし、部落差別による狭山事件のことも知り『これは俺が変えないと』って思ったんだ」。

その後、島さんは県内随一の進学校である東海中学へと進み、高校生になると音楽活動も始めた。

(撮影:赤澤昂宥)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT