BMW、ハーレー、トライアンフ輸入バイクの現在地 350ccから2500ccまで注目モデル一気乗り

✎ 1〜 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 113 ✎ 114
拡大
縮小
JAIAにりん試乗会で筆者が乗った輸入バイクたち
二輪JAIA試乗会で筆者が乗った輸入バイクたち(筆者撮影)

熟成の車両が勢揃い

日本自動車輸入組合(JAIA)では、1982年より輸入四輪車試乗会を行ってきた。2024年1月末から2月頭には、その43回目の試乗イベントが開催された。そして2015年からは輸入二輪車試乗会が開催されている。それぞれ四輪JAIA試乗会、二輪JAIA試乗会と呼ばれている。

筆者は1993年から四輪、2016年から二輪のそれぞれのJAIA試乗会に参加しているが、今年の二輪JAIAは熟成の車両が勢揃いした感がある。2024年の今回は、JAIA二輪会員全12社から、過去最高となる105台の最新の試乗車・展示車が提供され、4月10~11日の開催2日間で延べ47媒体、153名のメディア関係者が取材に訪れた。

今回、筆者は3ブランド5モデルに試乗した。BMWからは看板モデルである「R1300GS」と電動バイク「CE04」。ハーレーダビッドソンからはコンパクトながらしっかりハーレーの独自色がある「X350」「X500」。そしてトライアンフからは直列3気筒2500ccエンジンを搭載する「Rocket 3 Storm R」だ。

【写真】BMW「R1300GS」「CE04」、ハーレーダビッドソン「X350」「X500」、トライアンフ「Rocket 3 Storm R」などの最新輸入バイク(40枚以上)
次ページ大柄ながら日本人でも乗りやすいR1300GS、その理由とは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT