ロールス・ロイス初BEV「スペクター」にある安心感 BEVになっても変わらない信念と乗り味だった

✎ 1〜 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 113 ✎ 114
拡大
縮小
ロールス・ロイス初のBEVとして日本に上陸した「スペクター」の試乗シーン
ロールス・ロイス初のBEVとして日本に上陸した「スペクター」の試乗シーン(写真:三木宏章)

ロールス・ロイス初のBEV(電気自動車)として誕生した「スペクター」に日本の公道で試乗する機会を得た。もっとも感心したのは、BEVになってもロールス・ロイス像を少しも崩していなかったことだ。スピードメーターの左側にあるパワーリザーブメーターは、内燃機関モデルと同じくアクセルペダルを1mm踏み込むごとに1%ずつ敏感に、そして正確に反応する。

もっとも「1mmで1%」は筆者の操作イメージだが、それほど滑らかに3tに迫ろうとする巨体は微かに増速する。しずしずとドライバーの意を汲みながら走る、これが筆者のこれまでに体感してきたロールス・ロイスなのだが、スペクターは見事なまでにその相似形であった。BEVだからなにか新しい機構を採り入れるべきだとか、内燃機関で培ってきた概念を覆すなにかを無理に詰め込んだりすべきだとか、そういった“あるべき論”が一切ない。

初のBEVもオーダー状況は順調、新たな顧客層も獲得

もっともこれを“頑な”と捉えるか、良いものはひとつであるとする“哲学”と受け取るかはユーザー次第だ。しかし、少なくともスペクターはこれまでのロールス・ロイスユーザーから好意的に受け止められ、さらに30~40代の若い、そして新しいユーザー層の獲得にも成功した。その証しとして、すでに2025年までのオーダー枠が埋まっているという。

【写真】ロールス・ロイス初のBEV「スペクター」とは?価格は4800万円からスタートになる車両を詳しく見る(80枚以上)
次ページ価格は4800万円からスタート、所有欲を満たすビスポークとは
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT