金融取引グローバル化でネットの参加者は急拡大--SWIFT(スイフト)CEO ラザロ・カンポス

金融取引グローバル化でネットの参加者は急拡大--SWIFT(スイフト)CEO ラザロ・カンポス

SWIFTは金融インフラの裏方で、一般的には知られていない。だが、国際金融取引に関するメッセージ通信のネットワークを提供し、国際的な資金決済には欠かせない存在だ。

金融機関を中心に世界の210の国・地域の9500社を超すユーザーが接続しており、年間に40億件以上、1日平均1700万件のメッセージを伝える。その重要性からG10諸国の中央銀行が共同で監督している。

サービス内容の拡充により、参加者を銀行から証券会社や投資顧問会社に広げており、近年では国内取引や事業会社の接続も増えている。CEOのラザロ・カンポス氏にそのシステムと戦略について聞いた。

──SWIFTは金融インフラとして存在感を増しているが、特徴は。

1973年にテレックスに替わる電子的な決済のシステムとして出発した。グローバルな金融取引の発展に従い、手動ではサービスのスケールアップが難しくなったからだ。

SWIFTの特徴は三つある。

第一に、ベルギーの法律に基づく非営利の協同組合組織であること。ユーザーである世界の金融機関がオーナーになっているので、どういうサービスを付加していくか、どのように展開していくか、戦略はすべてユーザーの意向で決まる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT